ホーム > お知らせ > KDG看護予備校の梅田本校にてラジオ岸和田に出演しました!
2018年3月21日
KDG看護予備校の梅田本校にてラジオ岸和田に出演しました!
2018年3月18日
看護受験wikiへようこそ!

2018年4月より
看護学校の受験情報がまとめられた

ー看護受験wikiを公開!ー

(順次追加、公開していきます。ご了承ください。)

 

看護学校の受験について

看護受験wikiでは、看護学校を受験する際に必要となる情報をまとめております。

●どれくらい看護学校があるのか?
●近くにどういう学校がある?
●社会人が合格しやすい学校はどこ?
●試験科目は何?
●試験日はいつ?
●面接を重要視するか?
●男性でも合格しやすい学校は?
●過去問ってありますか?

などの様々な疑問が看護受験wikiで解決します!

 

それぞれの学校ごとの詳細、オープンキャンパス日時、募集要項、受験日時と科目、過去問の有無など、学校選びの際にご覧になられて下さい。
まずはメニューからお住いの地域ごとに探してみましょう!

 

奨学金制度について

奨学金には4種類あります。

教育訓練給金について

学生寮について

付属病院について

実習病院について

主な就職先について

生徒比率について

男性でも受かりやすい学校をお探しの場合はここの比率を見て下さい。
例えば募集80名に対し男性8名:女性72名だった場合は、男性率は10%だということになります。
募集が40名に対して男性8名:女性32名だった場合は、男性率は20%だということになります。
男性受験者がたまたま多かった・少なかったなどの偏りもあり、一概に言いにくいですの現状です。しかし探すポイントとしてはこのように見られましたら参考になります。

募集要項について

推薦入試について

社会人入試について

一般入試について

オープンキャンパスについて

受験科目について

過去問の有無について

有の場合は、学校で提供している又は当校で所有しています。
無の場合は、見配布、未公開です。
*過去の受験者から、大まかな傾向と予測が出来ている学校もあります。

過去問の解説について

有の場合は、学校で提供している又は当校で所有しています。
無の場合は、見配布、未公開です。

過去問の解説動画について

現在未対応です。

 

*良くある受験相談や、勉強法については看護受験naviで解説しています。

2018年3月13日
[大阪市]大阪府医師会看護専門学校

*大阪府医師会 公式ホームページ

学校情報

特徴・理念

 これからの看護師に求められる、豊かな人間性と確かな知識・技術の獲得のために、人間理解に関する科目の強化をしています。
 患者の体や病気の理解のために解剖生理学や疾病治療論を強化するとともに、基礎看護学に力を注いでいます。どの看護においても共通する基礎の部分が最も重要です。特に、基礎的な技術は、確実に力をつけていくのが本校の特徴です。
*大阪府医師会ホームページより抜粋

アクセス

〒543-0054
大阪市天王寺区南河堀町4-62

TEL.06-6772-8685
FAX.06-6772-8676

大阪府医師会看護専門学校へのアクセス
JR天王寺駅「東口」より徒歩5分

奨学金制度/教育訓練給付金/学生寮/付属病院の有無

[奨学金制度]
[教育訓練給付金]
[学生寮]
[付属病院]

主な実習病院/就職先

[実習病院]
[就職先]

募集要項

3年制 正看護師

(*H29年度の情報)
[推薦入試] 現役生 評定3.6以上 専願
[社会人入試] 25歳以上 社会人経験5年以上
[一般入試] 高卒以上

生徒比率

[生徒比率]
男性0人:女性160人
現役:社会人

受験日程/科目/倍率、過去問の有無


31年度 30年度 29年度 28年度 27年度
募集人数 160名
オープンキャンパスの日程 6月、9月、10月
願書受付期間
入試日:推薦
科目/倍率
11/10(火)
国語・数学・英語
3.5倍
入試日:社会人
科目/倍率
11/10(火)
国語・数学・英語
3.5倍
入試日:一般
科目/倍率
11/10(火)
国語・数学・英語
3.5倍
入試日:2次募集
科目/倍率
3/3(土)
国語・数学・英語
3.5倍
過去問
解説プリント
解説動画

入試の傾向と分析

今後記入します。お楽しみに!

2018年3月8日
[受験相談#01] 受験校は何校受ければ良いですか?

 

基本的に決まっているわけではありませんが、3校~4校受験するのが普通です。
3校の選び方は、目標校、実力相応の学校、滑り止め校の3つをピックアップすると良いでしょう。

ただ看護受験の場合、滑り止め校の選び方は要注意です。合格人数(合格枠)が少ない学校は不確定要素が強いからです。

偏差値が低い学校でも、たまたまその年度でレベルの高い受験生が多ければ、とてつもなく受かりにくくなるといった可能性もあるわけです。
つまり看護受験は単純に偏差値だけで判断することが難しいわけです。

では要注意の学校の特徴とは、どのような点に着目すればよいでしょうか。

●合格枠が少ない学校
●面接の配点が高い(試験の科目数が少ない)
●倍率が高い(5倍以上)

上記のような学校は、たとえ偏差値が低くても受かればラッキーくらいに考えておいたほうが良いです。

入試情報は看護受験wikiからも参照されて下さい。

 

[受験相談#02] 看護専門学校の社会人入試は受かりにくいですか?

 

一般的には受かりにくいと言われることが多いです。
現実には、受かりやすい学校と受かりにくい学校があります。
実は看護学校でも、社会人入試が狙い目の学校もあるという事です。

社会人入試で狙い目の学校には共通するポイントが3つあります。

1、試験の科目数が2教科以上(例えば、国語と数学とか・・・国語と英語とか)
2、社会人入試の合格枠が10名以上
3、倍率が5倍以下


例えば、社会人入試が国語と面接だけであるとか、合格枠が若干名の学校だった場合、これらは狙い目ではない可能性が高いということです。

社会人入試は、学校を狙って受ければ合格できます!

 

[受験相談#03] 社会人の場合、医療関係の仕事だと看護学校に合格しやすい!?

 

実は、これは全く関係ありません。(※一部、系列施設で勤務している場合、優遇されることはあります。)

もちろん医療関係の仕事をしていると、看護師志望理由が書きやすいというメリットはあるかもしれません。

例えば、「看護助手の仕事をしていて医療行為ができず、自分のできる仕事に限度があると感じておりました。もっと医療面から患者さんの心身のサポートをしていきたい・・・」
このように仕事面から看護師志望理由に結び付けやすいという面はあります。

ただ逆に看護助手の仕事をしているからこそ、看護師の仕事のイメージ、同じ職場にいる看護師の印象について深く尋ねられる可能性はあります。

 

看護学校のよくある受験相談!#04〜#06へ