ホーム > 看護受験navi > [受験相談#04] 集団授業の看護予備校で授業についていけないのですが、どうすればいいですか?
看護受験naviバナー

[受験相談#04] 集団授業の看護予備校で授業についていけないのですが、どうすればいいですか?

 

正直言うと、今すぐ予備校、塾を変えるべきです。
理解できない授業をどれだけ聴いても全く意味がありません。

正直言います。個別指導は最強です。
集団授業は先生がどれだけ素晴らしい先生でも、ある一定レベルに合わせる必要があり、理解できない人が出てしまうのは必然なのです。個別指導だと授業を理解できないことはあり得ません。

もちろん授業に付いていけていれば、何の問題もないのですが、毎年当校にも集団授業に付いていけなくて転塾される方が大量にいらっしゃいます。
4月に連絡をくださる方もいれば、一度試験に落ちてから12月ごろに連絡される方もいます。8ヶ月の間、授業がつらかったのだろうなといつも思っています。
授業に付いていけない場合は、授業料を半期分納入していても、仕方がありません。即刻やめて転塾しましょう。

時間はお金には変えられません。

 

[受験相談#05] 仕事しながら合格することは可能ですか?

 

可能です。
当校でも社会人の殆どがフルタイムで仕事をしています。
子育てとパートタイムの仕事を両立しながら受験勉強している方もおります。
受験1ヶ月前に仕事をパートタイムに切り替えて、勉強に専念している人もいます。

毎年、皆さましっかり合格されています。
当校では社会人が働きながら学力を高める効率的な勉強法を開発しました。フルタイムの仕事を続けながら勉強して、合格することが出来ます。

●いかに効率的に勉強をするか
●忙しい方の時間の使い方
●学習のペース管理
●実際に一人で問題を解いた際にどれだけ解けるか

などのポイントを抑えていけば全く問題ありません。
学校進学後もお金が掛かるので、極力仕事をそのまま続けて勉強と両立したほうが良いとも思っています。

 

[受験相談#06] 40歳以上でも准看護学校に合格できますか?

 

結論から言うと、合格できます!
正看の看護専門学校や大学の看護学部でも可能です。特に准看護学校は、今や30代や40代の社会人の入学者が非常に多い状況です。

ただどこの学校でも合格できるわけではありません。年齢制限はないのに、明らかに現役生や20代までの社会人をメインで取っている学校はあります。

正直言います。そういった学校は、仮に学科試験で満点を取り、面接も完璧だったとしても落とされます。

30代以上の方の受験はとにかく、受験校の選定、受験戦略が命です。情報なく自力で頑張ってきて、試験が解けているのに落ち続けているという話は何度も聞いたことがあります。逆に言うと、30代の方でも40代の方でも受験校の選定さえしっかり行えば、合格できるということです。

当校でも、50代の方が正看の看護専門学校に合格した事例もありますし、40代の方は毎年5名~6名くらい准看護学校や正看の学校に合格しています。どんな方が合格しているか、合格事例にも記載されています。

 

看護学校のよくある受験相談!#07〜#09へ