合格実績
1,790名の大逆転合格を実現!
※2024.04.25時点

【大阪病院附属看護専門学校に特化した受験対策講座】

大阪病院附属看護専門学校の偏差値と受験科目から考える受験戦略

 
KDG看護予備校では、「大阪病院附属看護専門学校にどうしても合格したい」方専用の対策講座を行っております。その生徒の現在の学力や試験形態を考慮しながら、大阪病院附属看護専門学校の入試傾向を踏まえた対策を個別に行いますので、最も効率的に合格を目指すことができます!

 

大阪病院附属看護専門学校の特徴

カリキュラム・看護実習

大阪病院附属看護専門学校ではチューター制度、ピア・サポート制度、ラダー制度3つの学習制度を定めており着実に成長できるカリキュラムになっています。
チューター制度では1学年6名程度の学生を教員が担当し個人個人の目標や学習上の悩みなどを共に考え解決の手助けをします。
ピア・サポート制度「仲間同士の支え合い」を意味し生徒が共同で演習したり、就職活動の情報交換をしたりします。学年を超えて関わっていくので縦にも横にもつながりを作っていけます。
最後のラダー制度では学校が大阪病院と連携し、人材育成の考え方を共有することで就職後のサポートをしっかり行っていきます。専門学校で学ぶ3年間をレベル0、就職時をレベル1とし在学時から継続して成長することができます。看護実習は大阪病院で行いその他訪問看護ステーション、保育所など様々な場で学んでいきます。

国家試験・進路

・国家試験について
国家試験合格実績に関しては合格率100%(2022年度)と高い水準になっています。

・進路
卒業後の資格は看護師国家試験受験資格、保健師・助産師学校受験資格、専門士(医療専門課程)、大学編入学受験資格です。主な就職先はJCHO大阪病院、JCHO星ヶ丘医療センターなどです。助産師学校への進学の道ももちろんあります。

学生生活

JR東西線「新福島駅」より徒歩5分です。
電子書籍の導入で持ち運びやすくなったことにより時間を活用して学習できます。また、ピア・サポート制度で先輩後輩のつながりが強く、先輩が後輩に学習への取り組方や実習、国家試験、就職のポイントなどをまとめて伝授してくれる機会もあります。

 

大阪病院附属看護専門学校の受験対策

学科定員

40名

入試区分

推薦入学試験(公募推薦、社会人特別選考)、一般入学試験

推薦入学試験(公募推薦)の入試傾向と対策

・注意する受験資格
高等学校在学中の成績が全教科の評定平均値3.5(B)以上である者

・選考方法
学科試験、個人面接

・試験科目
国語総合(古典・漢文を除く)
数Ⅰ・A(場合の数と確率)またはコミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

※国語総合(古典・漢文を除く)は必須科目

・倍率
4.2(2022年度)

推薦入学試験(社会人特別選考)の入試傾向と対策

・選考方法
学科試験、個人面接

・試験科目
国語総合(古典・漢文を除く)
数Ⅰ・A(場合の数と確率)またはコミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

※国語総合(古典・漢文を除く)は必須科目

・倍率
3.2(2022年度)

一般入学試験の入試傾向と対策

・選考方法
学科試験、面接

・試験科目
国語総合(古典・漢文を除く)
数Ⅰ・A(場合の数と確率)、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

※3教科必須、面接は一次試験合格者のみ

・倍率
2.0(2022年度)

コメント

・国語
大問2題でどちらも読解問題です。評論や随筆が出ます。本文は少し読みにくく、問題も記述(抜き出しや本文中の語句を用いて自分でまとめて書く問題など)が多いので日ごろから現代文の対策をしておく必要があります。漢字(書き・読み)や文学作品、接続語の問題も出ます。

・英語
大問2題構成で短めの文章問題と英作文です。文章問題の本文はキレイに整えられた英語で読みやすいです。読解に関する問題はなく空所補充、単語の同義語を答える語彙問題や日本語訳が出ます。必ず単語力を付けておきましょう。
大問2では会話文の中で日本語になっている文や単語がいくつかあり、その部分を答えていく問題です。文単位で聞かれる部分もありますので基本的な英文法の語順を押さえておきたいです。記述なのでスペルも注意して覚えていきましょう。

・数学
数Aに関しては範囲が場合の数と確率に制限されているので必ず押さえておきましょう。その他計算、二次不等式など満遍なく出ていますが、三角比の問題が多いので要演習です。


同じカテゴリの記事