合格実績
1,790名の大逆転合格を実現!
※2024.06.24時点

【森ノ宮医療大学 看護学部看護学科に特化した受験対策講座】

森ノ宮医療大学 看護学部看護学科の偏差値と受験科目から考える受験戦略

 
KDG看護予備校では、「森ノ宮医療大学 看護学部看護学科にどうしても合格したい」方専用の対策講座を行っております。その生徒の現在の学力や試験形態を考慮しながら、森ノ宮医療大学 看護学部看護学科の入試傾向を踏まえた対策を個別に行いますので、最も効率的に合格を目指すことができます!

 

森ノ宮医療大学 看護学部看護学科の特徴

カリキュラム・看護実習

7学科連携で学ぶ、超・実践的チーム医療教育が魅力の1つ大学が「模擬病院」となり、多学科の学生と協働し、チーム医療を実践的に学べるカリキュラム(IPW論)を導入している。
大阪急性期・総合医療センターや日本生命病院など、関西の基幹病院を実習先として確保。病床数が400床以上の大病院や手厚い看護が実践できる病院が主な実習先であり、ハイレベルな医療機関での実習を行っています。実習先は就職先としてもつながり、例年、多くの本学科卒業生が実習先の病院に就職しています。

国家試験・進路

看護師国家試験では、大阪府下の大学で唯一、5年連続(2017~2021年)受験者全員合格(416名中416名が合格)を達成しました。5年連続100%の私立大学は、全国でもわずか6大学のみという好結果を残しています
大阪急性期・総合医療センター、日本生命病院、大手前病院、大阪市立総合医療センターが近年の主な就職先です。

学生生活

本学は、おおらかな海を身近に感じられるベイエリアに位置し、絶好のロケーションにあります。落ち着いて勉学に集中できる静穏な環境で、在学生からも高い評価を受けています。大阪湾や神戸方面まで広く見渡すことができる学内のテラスは、リフレッシュスポットとして学生たちに人気。最寄のコスモスクエア駅(徒歩1分)付近には、芝生が心地よい公園もあります。

 

森ノ宮医療大学 看護学部看護学科の受験対策

基本情報

募集定員:90名
入試区分:【一般選抜】【大学入学共通テスト利用選抜】【総合型選抜】

【一般選抜】の入試傾向と対策

一般選抜には「前期」「後期」の日程があります。「前期」は<3科目型><2科目型>が選択可能です。また「前期」は2日間(A日程・B日程)で試験日を自由に選択できます。※ただし両日出願はできません。

●試験科目
「前期」<3科目型>
国語・英語・数学・生物・化学・物理から3科目選択、グループ面接
「前期」<2科目型>
国語・英語・数学・生物・化学・物理から2科目選択、グループ面接
「後期」
国語・英語・数学・生物・化学から2科目選択、グループ面接
※出題範囲は国語「国語総合(古文・漢文を除く)」、英語「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ(リスニングを除く)」、数学「数学Ⅰ・数学A」、生物「生物基礎・生物」、化学「化学基礎・化学」、物理「物理基礎・物理」です。

●試験倍率(2022年度入学)
「前期」<3科目型>6.8
「前期」<2科目型>6.9
「後期」3.6

●コメント
試験はマークシート方式です。受験までに出題形式に慣れておくようにしましょう。

「英語」は会話文の空所補充、長文読解、空所補充(単語・文法)、並び替え(文法)など満遍なく出題される。長文読解では英文の正しい内容(和訳)を選ぶ問題が多く出題されている印象。細かく丁寧に内容を理解することが求められる。日頃の学習で語彙力を高めておきたい。

「国語」は評論文2題の出題が予想される漢字や四字熟語、慣用句の問題が比較的多い品詞や修飾・被修飾語の識別といった文法にまつわる問題も見られる。2022年度入試より、「本文の並び替え問題」は出題されなくなったので少し解きやすくなったと思われる

「数学」は2次関数、図形(三角比)、確率について近年よく出題されている。特に2次関数の場合分けについては日頃から数多く問題を解き、十分慣れておきたい。大問ごとに4題程出題されるので誘導に沿って確実に解答していきたい。

【大学入学共通テスト利用選抜】の入試傾向と対策

大学入学共通テスト利用選抜には<学力重視型><面接併用型>があります。<学力重視型>は大学入学共通テストの結果のみで受験できます。

●試験科目
<学力重視型>
大学入学共通テストにおける3科目
<面接併用型>
大学入学共通テストにおける2科目、面接
※大学入学共通テストの科目は「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」「化学基礎」「生物基礎」「物理基礎」「化学」「生物」「物理」「英語(リーディング・リスニング)」「国語総合」(近代以降の文章のみ)から選択する。ただし基礎の付く科目は2科目の合計点で1科目とみなす。

●試験倍率(2022年度入学)
2.7

●コメント
<面接併用型>で受験される方は2次試験で面接がありますので、対策しておきましょう。

【総合型選抜】の入試傾向と対策

総合型選抜には<学習成果重視型><面接併用型><学力重視型>の種別があります。

●試験科目
<学習成果重視型>
基礎学力試験(国語・英語・数学に相当する科目から2科目選択)、面接、(調査書等)
<面接併用型>
基礎学力試験(国語・英語・数学・生物・化学に相当する科目から2科目選択)、面接、(調査書等)
<学力重視型>
基礎学力試験(国語・英語・数学・生物・化学に相当する科目から2科目選択)、(調査書等)

●試験倍率(2022年度入学)
<学習成果重視型>12.9
<面接併用型>8.3
<学力重視型>8.7

●コメント
基礎学力試験はマークシート式です。<学習成果重視型><面接併用型>では面接試験も課されますのでこちらも対策しておきましょう。


同じカテゴリの記事