合格実績
1,681名の大逆転合格を実現!
※2022.12.08時点

英語のシュートを打てるように

2017.03.27

松山

英語はスポーツと一緒です。

 

バスケみたいなもの。

試合に出る力を身に付けるために、ひたすらドリブルとシュートの練習をしまくる。

 

試合=長文読解、ドリブル=英文法、シュート=英単語みたいなもんです。

 

受験英語で必要なのは以下5項目です。

①英単語

②英文法

③長文読解

④英作文

⑤リスニング

 

※①~③はまず必須。④⑤は志望校によって出ない学校もあるので過去問傾向を要チェック。

 

そして読む、聴く、音読する、書くを繰り返し、繰り返しやるのです。

 

看護専門学校、看護大学の受験では、英語Ⅰとか英語Ⅱとかが範囲になっていると思います。

 

英語Ⅰ・・・高校1年生レベル

英語Ⅱ・・・高校2年生レベル

 

ただ英語は中学レベルの英文法、英単語が身に付いていないと高校レベルは解けません。

ドリブルとシュートができないのにバスケの試合に出れないのと同じです。

 

以下のように計画するべきです。

 

中学~高校初期レベルの英単語・英文法を並行して行う

⇒勉強の習慣が付いてきた頃、中学レベルの長文読解をやる

⇒高校初期レベルの長文読解をやる

⇒受験レベルの長文読解をやる

⇒英作文やリスニングが出るのであれば補足的に対策する

 

それぞれの参考書、問題集は何回も繰り返すイメージで進めること。