ホーム > KDG看護予備校 5つの秘密

KDG看護予備校 5つの秘密

集団授業に付いていけずに授業が理解出来ないという方が多数います。なぜなら集団授業ではどうしても一人一人の状況や理解度に合わせることが難しく、今の疑問を解消出来ないまま次の単元に進まなければいけません。そうなると、ますます理解出来なくなって悪循環にはまり、だんだんとやる気がなくなってしまいます。
個別指導にこだわる理由は、その人の現在の学力と理解の速さに合わせた授業を行うことで一つずつ確実に理解でき最短で合格レベルに達するようになります。

勉強は理解すること解けるようになることはまた別です。予備校で先生に教えてもらうと解けるのに、家に帰ると自力で問題を解くことが出来ないという声をよく聞きます。このような理解しにくい部分は何度でも説明するので必ず理解できます
また、理解したことを解けるようにするには、繰り返し反復して同じ問題を解き完璧にすることが必要です
当校は内容を理解してもらうだけでなく、問題が自分で解けるようになる勉強内容が定着するまでをトレーニング形式でサポートしております。

平日の午前中、午後、夜、土日など、あなたの希望する時間帯に授業を組みます。
*各教室共に受講枠に限りがございますので、希望の時間が埋まっているといった場合もあります。お早めに問い合わせください。

*教室やタイミングによっては対応できない場合もございます。お問い合わせください。
仕事が不定期で、決まった曜日、時間に授業を受けることができない方に関してもKDG看護予備校では受け入れております。その場合、先生が空いている時間と生徒さんの希望時間を調整して1ヶ月ごとに決めていく形となります。

面接対策を疎かにし過ぎている受験生、予備校が多く見受けられます
例えば、直前に何回か模擬面接をやって終わりということが往々にしてあります。特に看護受験においては、学科の科目数が少ない推薦入試や社会人入試は、面接を重視する傾向にあります。面接が苦手であったり、適切な対策が取れていない受験生は、学科が仮に満点近く取れていても面接で落とされるケースもあります。
当校では、面接が苦手な生徒さんには3月や4月のスタート段階から面接対策を実施する場合もあります。面接は直前期に少し対策をしただけで高評価を取れるほど甘くありません。自分の思考を深める、看護師について知る、自己分析をする、そしてそれを相手に伝える力を身に付ける必要があります。面接が苦手な方は、面接のみの受講も可能ですので一度お問い合わせ下さい。

文章を書くことに苦手意識をもっている受験生は多いです。我々も数多くの受験生を見てきましたが、小論文に関しては書き方のコツと知識さえ手に入れればすぐ書くことが出来るようになります。実際に1ヶ月で8本の小論文を書いてきて頂き添削したところ、圧倒的に良い文章が書けるようになりました。試験科目において最も対策しやすい伸ばしやすい科目の一つです。
当校では、徹底的に文章を書く力をつけて頂くことができます。

願書には「看護師志望理由」、「学校志望理由」などを文章で記述しなければいけない項目があります。学校によっては「自分に備わっている協調性について」「自己PR」という題で書かせるケースもあります。項目をきちんとと書いている受験生の願書と、2~3行程で空白が目立つ受験生の願書、どちらが強く看護師を志していると評価されるでしょうか。そして更に、ただ書けば良いという訳でもありません
願書は只の申し込み書類ではなく、面接に繋がる大切な選考基準となります。生徒さんの看護師志望理由、学校志望理由、長所・短所などを深く掘り下げることからスタートし、あなたの思いの伝わる願書の書き方をレクチャーします

当校では学校の傾向を分析し、個々の志望校に合わせた特別カリキュラムを提案します。
志望校によっては問題のレベルや傾向が大きく異なります。志望校に出ない問題をやっても仕方ありません。その時間を試験に出る問題の勉強に使うべきです。あなたの志望校に出る範囲の問題に絞って、徹底的に志望校対策に取り組むことが合格への一番の近道です。

当校では生徒さんの現状の学力や苦手分野を細かく分析し一人一人の大逆転合格カリキュラムを作成し進めていきます。
特に数学と英語は積み重ねの科目だと言われています。なぜ問題が分からないのかというと、より基礎的な部分の知識に抜けがあるからです。高校レベルの内容が分からなければ中学レベルに、場合によっては小学レベルに戻る必要があります。勉強が苦手な方を対象にしている個別指導だからこそ、あなたが現在どのような学力であろうとあなたのレベルに合わせて指導出来ます

集団授業であれば、「自分ひとりが宿題をやってこなくてもバレないだろう、大丈夫だろう。」という甘えが出てしまう生徒さんもいらっしゃいます。個別指導では本人が宿題をやってきているか、また宿題のやり方定着しているかを細かくチェックしていきます。
今まで勉強習慣が無かった人はどうしても甘えが出てきてしまいます。「今日は勉強しなくてもいいかなあ。」「今日勉強しなかった分、明日に倍勉強すればいいかなあ。」とか。当校ではそんな生徒さんに良い意味で勉強へのモチベーションとなります。生徒さんは次の個別指導の時までに宿題をしなければいけないということが良いプレッシャーとなり、勉強をきちんとやる習慣が身に付きます

間違えた問題を指導する際によく言うのが、「解答をただ書き写しても意味がない。」ということです。ではどうするか。解説をした後、何も見ず解答を自力で再現し、そしてどうしてその解答になるのかを口頭で説明してもらう。そのひと手間を加えるだけで、自力で問題を解く習慣が身に付きます
当校では、そのように自力で問題を解けるようにするための勉強法を教え、指導時にも実践しております。

自宅学習用の教材として、看護受験用の授業を用意しております。
また当校指定の教材と対応しているので、動画授業を見ながら予習、復習ができます分からないところで何度も繰り返して見ることが出来るので、自宅学習の時につまずくことが少なく学習内容が理解しやすいシステムです

当校では、看護学校、看護大学の先生にインタビューし公表しにくい本音の話を聞き、看護面接で重視するポイント、どのように面接対策をするべきかなどのマル秘情報としてお教えします。それを知っているだけで、他の受験生に差を付けることができます