合格実績
1,550名の大逆転合格を実現!
※2021.12.09時点
感染症対策:対面授業再開(オンラインコースも継続中)>

一点集中!!

2017.04.26

松山 祐己
松山

KDG看護予備校、塾長の松山です。

受験校は何校くらい受けたら良いですか?という質問。

勿論、状況や地域によっても違いますが、おおよそ3校~7校くらいが妥当なラインだと思います。

ただもし仮に、自分の年齢や性別、受験科目、過去問等の相性が良い学校であれば、1校~2校に絞るのもありです。
(※ただレベルの高い学校を受験する場合は、レベルが低めの滑り止め校も受けるべきです。)

というのも、最後の仕上げ段階においては、志望校の傾向を加味して対策を取る必要があります。
そうすると、例えば7校受験する方はそれぞれの対策を個別にしようと思うと、非常に時間がかかり力が分散してしまうわけです。

受験勉強において、この力が分散するという状況が一番良くありません。

受験は競争です。
ライバルに差を付けなければいけません。
ライバルに差を付けるためには、ライバルと違うことをするか、もしくはライバルより多く勉強するしかありません。

絶対的な勉強量が同じであるケース。
1校~2校に1点集中して対策すれば、その分その学校に関してはライバルより多く対策ができる可能性が高いわけです。

ただたくさん受けたほうが受かりやすい側面もあります。
ですので志望校に優先順位を付け、個別対策に力を入れる学校を絞るやり方もあります。

その辺りのバランス感覚も受験戦略としては問われるところです。

【KDG看護予備校とは】

大阪・東京にある看護予備校のKDG看護予備校は、看護学校・大学を受験する方のための個別指導予備校(大阪・東京・横浜)です。一人一人に大逆転合格カリキュラムを作成し、面接/小論文/願書対策にも力を入れ、勉強がどれだけ苦手でも毎年大逆転合格をしております!

【看護受験NAVI】

看護師に関わることや看護学生、看護受験などの様々な情報や疑問にまとめてお答えします!

【秒速ナース】

看護学生の学びをラクにするをコンセプトに従来の半分の時間で学習ができる動画配信サービス