ホーム > 看護受験navi > [願書特別講座] 看護学校を受験する方のための願書作成のコツ
看護受験naviバナー

[願書特別講座] 看護学校を受験する方のための願書作成のコツ

 

①願書とは

②看護師志望理由のポイント

③学校志望理由のポイント

④ありきたりな願書

⑤看護師志望理由の例


 

看護学校を受験する方のための願書作成のコツで掲載する願書写真

 

願書とは

願書とは学校の受験の時に提出する書類のことをいいますが、願書の書き方で皆さんがよく勘違いしていることがあります。
それは何か特別なものを書かないといけないと思い込んでいるということです。
願書は普通で良いです。2章で解説しているポイントさえ抑えていれば、ありきたりでも良いのです。

願書をスムーズに書くには型にはめて書くと非常に書きやすいです。

主に以下のような内容を記入します。
 ・看護師志望理由、学校志望理由
 ・特技(得意科目)、趣味
 ・自己推薦書
 ・その他
特技(得意科目)、趣味はあまり気にせず淡々と書いていて下さい。
ピアノとか読書とか音楽鑑賞とか書いておけば良いです。

とにかく大事なのが、看護師志望理由です!
ここさえきっちり押さえれば願書は完璧です!

 

看護師志望理由のポイント

・看護師に対する熱い想いを書かなければいけない
・他の人が書いていないようなことを書かなければいけない
などと度々聞かれますが違います。

看護師志望理由は型に当てはめれば大丈夫です。
願書に必要以上に時間をかけるのはもったいないです。
その時間があるなら1分でも学科の勉強に回したほうが良いです。

なので型にはめてさっと書いてしましましょう!

 
[看護師志望理由の型はこれ!]
STEP1 自分の体験:私は〇〇の頃、~~
STEP2 ピックアップ:その中で特に印象に残っているのが、~~
STEP3 看護師の魅力:~~できる看護師の仕事に魅力を感じ、志望致しました。

 
【低評価の例】
 私は中学生の頃、〇〇の病気で入院していたのですが、そこで出会った看護師さんが病気で落ち込んでいる私を常に励まして元気をくれていました。私もその看護師さんのように、患者の気持ちに寄り添い、励ますことのできる看護師になりたいと思い、看護師を志望しました。

 
【高評価の例】
 私は中学生の頃、〇〇の病気で入院した際に、看護師さんの対応、優しさに感動して、看護師に憧れを持つようになりました。高校2年生の春に看護体験に参加した際に、清拭や食事介助のお手伝いをさせて頂きました。その中でも印象に残っているのが、食事介助一つとっても、患者さんごとに食事のスピード、スプーン使用時の一回量、体位の整え方などを変えていることを知りました。直接的に患者さん個々の病状回復のサポートができる知識と技術を持った看護師の仕事に魅力を感じ、志望致しました。

この違いは何でしょう?
絶対外せないポイントは2つです。
⒈出来事から印象的な部分をピックアップしているかどうか
⒉看護師の仕事の魅力を語れているかどうか (※看護師の仕事でないといけない理由)

 

学校志望理由のポイント

学校志望理由も型に当てはめれば大丈夫です。
こちらもさっと書いてしまいましょう!

 
[学校志望理由の型はこれ!]
STEP1 学校の特色:私がこの学校を志望したのは、〇〇と〇〇だからです。
STEP2 自分との結び付き:私は〇〇したいと考えており、〇〇に特に興味がありま
STEP3 オープンキャンパス(見学)での実感:オープンキャンパスでは、~~(生徒の様子や先生の話)

【よく見る低評価の例】
 貴校の「知と愛を大切にし、知性を磨くこと、心のこもった行動、探求心をもつことを目指す」という教育理念に共感し、志望致しました。

【添削するとこうなります】
 私が貴校を志望したのは、海外研修があること、複数の病院で実習ができることに魅力を感じたからです。学生のうちから就職先について幅広く考えたいので、複数の病院で実習ができることに特に興味があります。
オープンキャンパスでは、自主的に在学生が活動していること、先生の〇〇という言葉に魅力を感じ、貴校を志望致しました。

 

ありきたりな願書

願書はありきたりで大丈夫です。
看護の先生は、個性的かどうか、他人と違う特殊な経験を持っているかを見ているわけではありません。
自分なりの言葉で語れているかどうかが重要です。

 

看護師志望理由の例

上記にも紹介したものも含めてこちらで5つの例を紹介します。

 
[看護志望理由の例①]
 私は中学生の頃、〇〇の病気で入院した際に、看護師さんの対応、優しさに感動して、看護師に憧れを持つようになりました。高校2年生の春に看護体験に参加した際に、清拭や食事介助のお手伝いをさせて頂きました。食事介助一つとっても、患者さんごとに食事のスピード、スプーン使用時の一回量、体位の整え方などを変えていることを知り、看護ケアにより直接的に患者さん個々の病状回復のサポートができる知識と技術を持った看護師の仕事に魅力を感じました。私も患者さんの心身をサポートできる看護師を目指し、志望致しました。

 
[看護志望理由の例②]
 私は中学生の頃、〇〇の病気で入院した際に、看護師さんが私の不安な気持ちを察してくれて、何度も見回りに来て話をしてくれました。その中で特に記憶に残っているのが、私が〇〇の手術前不安な時、看護師さんが何も言わず手を握ってくれたことです。ただ「手を握る」それだけで安心感を与えることができる看護師さんに憧れの気持ちを持ちました。その後、社会人経験を経て、やはり人生の一大事である病気の患者さんを支える仕事がしたい、看護師として患者さんの心身をケアしたいと考え、看護師になることを決心しました。

 
[看護志望理由の例③]
 私が看護師を志望したのは、看護師の仕事がやりがいのある仕事だと思ったからです。私は、現在歯科助手の仕事をしております。毎日多くの患者さんと出会い、患者さんの容態を歯科医師や衛生士に伝える重要な仕事だと感じ、仕事をしてきました。そして仕事をするうちに「患者さんの身体全体のケアをしたい。」と考えるようになりました。
 看護師の仕事は、自身の援助の仕方によって、患者さんの病状の改善に直接繋げられる仕事だと思います。薬を飲むのが苦手な患者さんにどうすれば飲んでもらえるか、病気で不安な患者さんやその家族をどうサポートするべきか、を考える時に看護師の重要性を感じました。医師より患者さんに近い立場で、看護技術によって患者さんの心身をケアできる看護師の仕事に魅力を感じ志望致しました。

 
[看護志望理由の例④]
 私が看護師を志望したきっかけは、シングルマザーになり、将来のことを考えた時に、国家資格である看護師資格を得て働きたいと考えたことです。看護師の仕事を調べ、看護師の友人にも仕事について聞き、学校のオープンキャンパスで看護体験などを経験させて頂く中で、看護師の仕事のやりがいを感じることが出来ました。看護体験の中では、患者体験をする機会があり、患者の不安さ、そしてその心身を支える看護師の重要さを感じることが出来ました。またあらゆるケアの場面で患者の様態を観察し、病状変化の早期発見と対応を取ることにより患者をサポートできる重要な役割を持った看護師の仕事に魅力を感じ、志望致しました。

 
[看護志望理由の例⑤]
 私が看護師を志望したのは、祖父の入院生活でのある看護師との出会いがきっかけです。祖父は〇〇がんで入退院を繰り返していたのですが、がん末期の状態で私たち家族も不安な思いを抱えている時に看護師さんが「〇〇。」と声を掛けてくれました。看護師さんの一言によって、患者や患者家族が安心できる、そのような一言の重みを実感しました。医療的知識と技術を持って身体的にケアをすることができる、かつ言葉や態度によって患者やその家族の心を癒やすことができる、そのような看護師という仕事に魅力を感じ、看護師になろうと決意致しました。

 

看護学校を受験する方のための願書作成のコツで掲載する合格絵馬の写真

以上、看護学校を受験する方のための願書作成のコツでした。
面接のコツもアップします。そちらもご覧下さいね!