合格実績
1,700名の大逆転合格を実現!
※2023.01.29時点

【看護面接対策】やりがち失敗・あるある質問

 

面接でよくある質問や失敗の一部をご紹介していきます。
他の人が失敗したポイントを事前に押さえて、自分は当日同じ失敗をしないように意識しましょう!

①早口で話す

マシンガントークはNGです。
しっかり相手とコミュニケーションをとること、相手に自分の話が伝わっているかということを意識しながら落ち着いてゆっくり話しましょう。

②言葉が出てこなくなって黙る

これに関しては絶対に避けましょう。どうしても緊張して頭が真っ白になってしまった時はその状況を正直に言いましょう。
「緊張しすぎて頭が真っ白になって言葉が出てこないです」「何を言えばわからない状態です」という形で正直に言ってしまったほうが黙るよりも良いです。
面接官は敵ではないので助け舟を出してくれるケースが多いので、正直に自分の心境を話すということを意識してみてください。

③相手の目を見ずに話す

これは面接だけでなくコミュニケーションの基本中の基本です。
どうしても苦手な方は相手のちょうどこの喉元もしくはこの胸の上あたり辺りを見て話すと相手にとっては目を見て話してくれている感じが伝わります。

 

他の看護面接対策の記事はこちら

看護学校・看護大学の入試における面接対策の重要性
1 面接の基本知識はこちら
2 面接の心構え&テクニックはこちら
3 面接準備はこちら
4 面接でやりがちな失敗とよく聞かれる質問はこちら
5 面接回答例27 前編はこちら
6 面接回答例27 後編はこちら

 

願書/面接対策コースはこちら

KDG看護予備校の個別指導願書/面接対策コース

もっと詳しく知りたい方は看護受験チャンネルへ