ホーム > 看護受験ブログ > [高校3年生の方へ]

[高校3年生の方へ]

2017.11.29

松山

推薦入試はいかがだったでしょうか。

毎年、推薦入試後に不合格だった方から問い合わせを頂きます。

昨年度は数名の現役高3生に入塾して頂き、一般入試に向けて対策をしてわずか2週間の対策で合格したケースもあります。

 

よくあるパターンとしては、

●推薦入試対策で、数学と国語だけを勉強していたのだが、一般入試に向けて英語をゼロから始めないといけない

●部活をずっとやっていたので、ほぼ受験勉強出来ていない

●推薦入試でダメだったので、一般入試では確実に受かる看護学校も視野に入れて対策したい

などの方が一般入試に向けて急いで対策をし、無事全員合格できました

 


推薦入試が不合格だった受験生の原因はいくつかあります。

①学習の基礎部分に抜けがある。もしくは自分のレベルに合っていない勉強をしている

 (結構初歩の初歩で中学レベルの数学や英語に抜けがあるケースが多いです)

②勉強のやり方が分かっていない

③そもそも勉強の習慣が付いていない

④学習内容を理解せず勉強している気になっている

⑤願書や面接に大きな問題がある

現役生の場合、大体上記5つの原因に分類されます。そして大抵、3つ〜4つ重複して問題を持っているケースも多いです。中には、5つとも当てはまる生徒もいます。

当校は個別指導という特性上、上記5つのうちどこに問題点があるのかを見極め分析し、それぞれに応じた改善策、解決策を練って実行していきます

そうすることで、早期に勉強方法を改善し、成績を上げる手法を取っています。


例えば、英語を特に苦手にしている生徒が、2週間で中学レベルの基礎的な英文法を詰め込むことで、一気に高校英文法が理解出来るようになり、1ヶ月半で過去問の得点を10点台から70点まで飛躍的に伸ばしたケースがあります。

部活を頑張りすぎて全く勉強しておらず、数学の展開や因数分解の計算も出来ていなかった子が、毎日自習室に来て集中して一気に勉強することで、2週間で数学1の範囲を終わらせ一般入試を突破したケースもあります

推薦入試不合格で、一般入試に向けて緊急対策したい方どうしても学力を伸ばしたい方、もしも一般入試がうまくいかず、受験が1年先になるのは時間があまりにも勿体ないです。

メールまたはお電話にて一度お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このページの先頭へ