ホーム > 看護受験ブログ > ポジティブとネガティブ

ポジティブとネガティブ

2017.06.22

まこ

広報の前田です

今日のテーマはポジティブとネガティブ!
皆さまはどちらかというとどちらに当てはまりますか?

私は・・・
たぶんポジティブだと思うのですが、自分では正直100%そうだとは
言えません。

人って当たり前にどちらも兼ね備えているんですね。

受験で当てはめてみましょう。

受験に慣れている人はいいのですが、初めての受験だと

落ちたらどうしようとまだ起きていないことにビビッて

自分の実力を発揮できない、自分の最大限のパフォーマンスが
出来ないことが多いですね。

ではここで、ポジティブな人とネガティブな方の典型的な気持ちを書きます。

ネガティブな人は・・・僕(私)受験なんて初めてだしきっとこんな私が受けるはずがない。 勉強したけどできなかったらどうしよう・・・。
もし合格しなけば、終わりだ。。。

ポジティブな人は・・・受験は初めてだけど、こんな緊張すること滅多にないしいい経験だ。やるだけやってみよう!
落ちたら落ちたで別の人生がある。それが人生!

と同じ時間・同じ場所で違うことを考えている。
どちらが受かる・落ちるではなく人生においてどちらが得でしょうか?

もちろん、浮気をして彼女(彼氏)から別れを告げられたけど、次があるしいっか!とは別物です

ポジティブっちゃポジティブですがこれは得はしませんよね。

以前しくじり先生というTVを見たときに森脇健児さんが言っていました。
「俺は過去反省することはあるけど、後悔はしていない」と。

これもいい事例ですよね。

人生正直どうにでもなります。

最悪の最悪逃げることだってできます。

死ぬよりマシです。

でもその時に何を考えるか。

最終どうにもならず逃げたとします。
その時「よっしゃ逃げれた」と思うか
「迷惑をかけた人がいる、これからリセットして新たに二の足を踏まずに頑張っていこう」

これで先の人生大いに変わると思いませんか?

ポジティブでいることは大事ですがその姿勢も大いに大事です。

人生沢山反省して下さい。でも後悔はしないでください。
後悔をしていいのは親の死に目に会えなかったか人を殺したときぐらいじゃないですか?

取り返しのつかないことは後悔ですが、それ以外はどうにでもなります。 
ポジティブを習慣付けることで先の人生どんどん変わってきます。

私がなぜ自分が100%ポジティブかわからないと言ったのは、
ネガティブになるときっと立ち直れないぐらいに落ち込んでしまうんじゃないかという不安からいつもポジティブにいようとするんだと思います。

だからネガティブな人は強いなぁとも思います

受験でも何でもとにかくポジティブに受け止めて一生懸命取り組んでください。

KDGは全力であなたをサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このページの先頭へ