ホーム > 看護受験ブログ > とにかく一発合格できる学校選び

とにかく一発合格できる学校選び

2018.02.18KDGのお知らせ

松山 祐己
松山

KDG看護予備校の個別指導で受験校の相談をして合格

 

先日、ある生徒さんとそのお母さまが相談でいらっしゃいました。

その内容は、滑り止めと考えていた看護専門学校に落ちてしまったとのこと。

 

看護専門ではない普通の学習塾に通ってらっしゃって、そこでは、とある科目が見てもらえないということで当校に1ヶ月だけ来られて最終対策をすることになりました。

 


 

この高校生のように、実は学力があっても看護大学や看護専門学校に落ちることがあります。

看護受験においては、受験校の選択が「命」です。

 

適当に偏差値が低いから受かるだろうとか、学力が高いので専門学校は余裕だと考えてはいけません。

 

もう一度言います。

受験校の選択が「命」です。

合格するかか落ちるかの生命線なんです。

 


 

ハキハキとしてしっかり自分の主張が出来る受験生を好む学校、逆にほんわかとして優しい雰囲気の受験生を好む学校など、それぞれのカラーがあります。

・本人の雰囲気がその受験校に合っている

・偏差値に現れない合格のしやすさ、合格のしにくさを熟知している

 

看護受験は面接を課す学校が多いので、こういった学校のカラーを知っておく必要があります。

また看護受験において、偏差値はあてになりません。

当校でも偏差値の低い学校に落ちて、偏差値の高い学校に受かったというケースはざらにあります

 

学力重視の学校面接重視の学校など学校によって重視するポイントが違います。

その受験生が自分の強みを発揮できる受験校選択をするべきなんです。

 

看護受験に詳しくない予備校や学習塾では、

「偏差値が低い学校を滑り止めにしなさい。」

「専門学校だと大丈夫だ。」

と言われることが多いようです。

しかしそれは間違いです。

 

きちんとした情報を得て、受験に臨んでください

受験に失敗してからでは遅いです。